FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THIS IS IT&ILLMATIC通信のオファー



こんにちは、はあすちゃんです。

今日は「THIS IS IT」 についてのお話です。

これは僕の大好きな、故・マイケル・ジャクソンの最後のコンサートと同じタイトルです。

和佐大輔さんからのメッセ-ジNO.1

僕は本気であなたを稼がせたい。
もしかしたら、僕のいらないお節介なのかもしれませんが、僕は僕のためにも、
あなたのためにも、この業界全体のためにも、あなたに出来るだけ多くの金額を
実際に稼いで欲しいのです。
まさに、出血大サービスとも言える、今回のプログラムだって、よくよく考えれば、
アフィリエイターが売ってくれれば、売ってくれるほど、僕も儲かるし、
アフィリエイターも儲かるからこそ、実現できるのです。
例えば、毎月10万円の報酬を受け取ってくれるアフィリエイターが、
100人いたらどうなるでしょう?
アフィリエイト報酬の合計は毎月1000万円になります。
そして、僕の取り分は色々な経費を差し引いて、丁度アフィリエイターと
折半するような形で設定してあるので、同額の1000万円になります。
アフィリエイターががんばってくれれば、僕も同額が受け取れるわけです。
僕は最高の環境を用意して、あなたが稼ぎやすい様に最大限努力します。
このことは、この業界の他にいる販売者の中の誰よりも、
口だけではなく、行動で示していると自負しています。
この業界には、口だけの奴らが本当に多いですが、僕は実際に、あなたと利益を折半して
7カ所の報酬ポイントを作り、継続報酬になる仕組みまで用意しました。
どうでしょう?
僕とあなたは、まさにビジネスパートナーとして、
フェアな関係ではないでしょうか?
僕はあなたに貢献します。
あなたも頑張れば、まさにWIN-WINな関係が構築されるでしょう。
そして、WIN-WINな関係は、そう簡単には崩れません。
僕と一緒にビジネスをして、確実に1歩1歩、階段を上って行きませんか?
新規アフィリエイター登録はこちら

http://www.millionaireaffili.com/aff/1046/43/
さらに、9月15日まで、
「新人アフィリエイター応援キャンペーン」を
実施しています。
さらに今回は、9月15日までですが、
「新人アフィリエイター応援キャンペーン」も実施中です。
このキャンペーンによって、新規で登録されるアフィリエイターには、大きなメリットが
提供されます。
応援キャンペーンの内容は・・・
1.販売ノウハウを提供します
今回のキャンペーン期間中に、新規でTHIS IS ITのアフィリエイトに登録してくれた
人には、特別に、
「ゼロから1ヶ月以内にTwitterのフォロワーを1万人に増やし、
 いきなり、アフィリエイト報酬を稼いでしまう方法」
を、プレゼントします。
この方法は、タイトルの通り、今話題のTwitterを利用して、自分の自由に使える
媒体を短期間で作り出し、いきなり初月からアフィリエイト報酬を稼いでしまう方法
になります。
ブログやメルマガを初めて、アクセスを集めて行くには、平均で3~4ヶ月の期間が
必要ですが、Twitterをうまく活用すれば、簡単に自分の媒体を作り、アクセスを
大量に流すことが出来るのです。
現在、このようなTwitterノウハウは、5,000円~9,800円ほどで販売されて
いるようですが、これぐらいのノウハウを有料で売ろうなんて、せこいことはしません。
全て、無料で提供しましょう。
これで、もしあなたが今の時点で、まったくのゼロスタートだとしても、1ヶ月ほどで
簡単に結果を出すことが出来るでしょう。
ただし、このプレゼントは、今回のキャンペーン中のみとなりますので、
ご注意ください。

2.THIS IS ITのサンプルを提供します
「アフィリエイトをする」にしても、肝心の「中身」がわからなければ、
うまく紹介することは出来ないでしょう。
アフィリエイトとは、要するに口コミですから、実際に中身を知らなければ
何も始まらないのです。
THIS IS ITは、1,500円ですので、実際に買ってみて、届いたDVDを見て
もらったほうが、早いし、その価値を実感できると思うのですが、
今回のキャンペーン期間に限って、THIS IS ITの一部(Disc1枚分)を無料で
サンプルとして提供しましょう。
このサンプルを見れば、THIS IS ITの紹介をすぐにスタートできます。
本当は、実際にDVDを買って、例えば、
「DVDが届きました」
という記事を書いたりして、紹介したほうが、真実味も臨場感もあって、
売れやすいのですが、1,500円とはいえ、いきなり買うことには抵抗があるかも
しれません。
まずはこのサンプルを見て、THIS IS ITの凄さを体験してください。
体験を伴った、あなたの紹介は、それだけで説得力があり、魅力的になるでしょう。
以上。
9月15日までに、THIS IS ITのアフィリエイトに新規で登録してくれれば、
それだけで、上記の2つのプレゼントを差し上げましょう。
Twitterノウハウは、実際に販売されている5,000円~9,800円の商材と
同じ価値があり、THIS IS ITのほうも、有料のものの一部が無料ですから、
それだけの価値があります。
登録するだけで受け取れますので、ぜひこの機会を生かしてください。
新規アフィリエイター登録はこちら

http://www.millionaireaffili.com/aff/1046/43/

僕らはパートナーであり、チームです。
何度も言ってきたことですが、僕らはパートナーであり、チームです。
スポ魂ではありませんが、まさに、
「One For All All For One
 1人は全員のために、全員は1人のために」
という決意で臨んでいただきたいと思います。
僕らは、ある意味、運命共同体なのです。
もし、あなたが望むなら、僕は全力であなたのフォローをすることを誓います。

商品価格:1500円
商品内容:情報起業に関するDVDセット(4枚組み)
アフィリエイト報酬:1件600円

セールスレター
http://www.illmatic.jp/ih/
インフォハウスでアフィリエイトを公開しています
http://www.infohouse.jp

バックエンド商品設定
Illmatic通信(月額1,988円の通信講座)
報酬:1件500円(継続される限り毎月発生)
ネットビジネス大百科(10,000円の教材)
報酬:1件5,000円
Under25セミナー(20,000円のセミナー)
報酬:1件7,000円
C3セミナー(30,000円のセミナー)
報酬:1件9,000円
情報起業進化論セミナー(30,000円のセミナー)
報酬:1件9,000円
IMMSセミナー(30,000円のセミナー)
報酬:1件9,000円
THIS IS ITのアフィリエイトでは、これら全て(合計7箇所)から報酬が発生する仕組みになっています。

THIS IS ITを紹介して、売れると同時に、自動的にステップメールでバックエンド商品のセールスが始まりますので、あなたは何もしなくても、継続的な報酬を得ることが出来ます。

THIS IS ITのアフィリエイトでは、とにかくTHIS IS ITを何個販売できるかがポイントですので、THIS IS ITの紹介に力を入れて頑張ってください。

また、Illmatic通信に関しては、会員が継続する限り、ずっと報酬が支払われ続けます。

継続報酬となりやすいので、期待していてください。


最後にここまでのことをまとめると
1.THIS IS ITは日本一稼ぎやすいアフィリエイトプログラム
2.THIS IS ITの新人アフィリエイター応援キャンペーンは9月15日まで
3.9月15日までは特別ボーナスをプレゼント
と、このような感じになります。
THIS IS ITのアフィリエイトは、合計7カ所から報酬が発生し、さらに継続報酬にも
繋がる、最強のアフィリエイトプログラムです。
その異常な稼ぎやすさをぜひ、体感してください。
そして、リアルに、僕のパートナーとなり、一緒に稼いで行きましょう。
では、このアフィリエイトキャンペーンは9月15日23時59分59秒までです。
登録することには何のリスクもありません(むしろ、ボーナスが無料で貰えますから、
メリットしかありません)。
今すぐ動いてください!
新規アフィリエイター登録はこちら

http://www.millionaireaffili.com/aff/1046/43/

ふう。
今回もかなり気合いが入っています。
ぜひ、協力してください。
僕も最高の環境を提供します。
少しわかりにくい説明もあったかもしれませんので、何度か読み返してもらえると
嬉しいです。
よろしくお願いします。
和佐大輔
新規アフィリエイター登録はこちら

http://www.millionaireaffili.com/aff/1046/43/

テトラポットに札束を
~ネット起業家・和佐大輔の挑戦~
本書は2006年春に頒布された
「テトラポットに札束を~18歳ネット起業家・和佐大輔の挑戦~」
を一部加筆したもので、
これをもって和佐大輔氏の略年譜に
代えさせていただくものである。
~プロローグ~
 13歳の夏。
少年は、近くの浜で家族や親戚とバーベキューを楽しんでいた。
 「なあ、あの沖のテトラポットのとこまで行かへんか~?」
 ひとしきり食べ終わって落ち着いたころ、親戚のひとりが少年に言う。
 「うん、行こかー」
 少年もすぐにうなずく。
 「ふう~、やっと着いたな~」
 積み重なったテトラポットのてっぺんにたどりつくのは思った以上に手間がかかった。
 でも、ここに来た目的はそのつぎの行動にあったので、休むことはしなかった。
 「よし、こっから海ぃ飛び込もかー」
 親戚の言葉に少年も、
 「うん、飛び込もー」
 
 さっそく、ふたりは体勢をととのえる。
 もちろん、頭からまっさかさまに飛び込むための…
 
 「ほな行こか」「よーし」
 「せーのぉーっ!」
 この時こそ、ネット起業家・和佐大輔誕生の瞬間であった。
一.危なっかしいガキ
 今から20年前、大輔は地元で釣り道具の製造を営む和佐家の四男として生を受け
た。
 男ばかりの兄弟の末っ子。
 それだけでもやんちゃの素質は十分なのに、生まれ落ちたところが高知県でも指折
りの「超ド田舎」。漁師町で、海あり山あり、自然には事欠かない。この環境との相乗
効果で、大輔は家族の予想をはるかに超える危なっかしいガキへとすくすくと育って
いった。
 山も川も海も、いつも友達だった。
 山の上にはテレビの電波塔が立っている。
 一つは高さ10m。もう一つは20m。
 10mの塔なら多くの仲間がのぼっていたが、20mのほうはさすがに怖くてみんな敬
遠していた。
 だから、大輔はのぼった。
 まわりから「すごい」と思われたい。その一心だった。
 塔の内側に組まれているハシゴをのぼる。もちろん、命綱なんてない。落ちたら命が
ないことを知りつつ、それでも大輔は「すごい」と思われたいほうを優先した。
 上に行くにつれ、風は強くなり、その風で塔もゆらゆらと揺れる。
 それはちょっと怖かったが、大輔は見事のぼり切る。
 てっぺんから見る景色は最高だった。
 川には、アユやテナガエビが泳いでいる。
 そいつを銛(もり)でひと突きしては、自分で焼いて食べていた。
 川の上に線路がある。
 そこに立ち、電車がやってくるのを待つ。
やがて電車がせまってくる。
タイミングをはかりながら、衝突ギリギリのところで川に飛び込む。
いかに電車と至近距離までいられるかが勝負だった。
 電車の運転士も、その現場でいつも目にする大輔には警笛を鳴らさなかった。
 
 海に飛び込むのも日課だった。
 彼の住む町の防波堤は津波対策のために、高さが20m以上もあった。
その高さが好きで、いつもガンガン飛び込みまくっていた。
 とはいえ、そんな高さから飛び込んだのも、仲間内では大輔がいちばん最初だった。
 
 海ではサザエも獲ってくる。
ある日、獲ったサザエをかかえて海沿いを歩いていると、それに気づいた観光客が
 「そのサザエ大っきいなー、いくらすんの?」と聞いてきた。
 いつもなら市場に行って、友達のおばあちゃんの売り場の横に台を設け、皿に盛っ
て売る。
でも、ワル知恵のよく働く大輔は、これはチャンスとばかり、市場に売るより高い値
段をふっかけてみた。
それでも客は買ってくれた。
 「うわ…高こぅしても買ってくれたでー…」
 彼のビジネスの原点ともいえるこんな出来事も、小学校低学年の頃の話だ。
 勉強は大嫌いだった。いつも山や川や海へ行っていた。台風の日でさえ泳いでいた。
 そんな自由奔放な大輔には、病気もケガも寄りつかなかった。
 しかしその分、やらかした時はこれ以上ないほどド派手だった。
 和佐大輔。小さくまとまらない男である。
二.最初のケガは「頭蓋骨陥没骨折」
 小学5年のある日。
 町の余興があって、大輔は浜辺にあった漁協の建物の2階にいた。
 ふと下を見ると、その建物の横に、網が積み上げられていた。
 「クッションになるから大丈夫やな。飛んでみよー。」
 すぐにそんなことを考えるのが大輔だった。
網がクッションになるから大丈夫…彼のその判断は正しかった。
ただし、ちゃんと網に向かってダイブしたらの話だ。
彼のダイブは、網を外した。
頭蓋骨陥没骨折。ヘタしたら死んでいた。
しかし、奇跡的に1ヶ月ほどの入院で復活。
それが、彼の人生で初めてしたケガだ。
 和佐大輔。気絶するほどすさまじい男である。
三.2度目のケガは…
 
 そんなケガをしても、大輔の辞書に「恐怖心」という言葉が追加されることはなかった。
 根っからのやんちゃ坊主。そのせいで、彼は2度目のケガを引き起こしてしまう。
 そう、プロローグに書いた「せーのぉーっ!」のつづきである。
 その瞬間の記憶は、彼にはまったくない。
気がつけば病院で寝ていて、ほどなく下半身が不随になったことを医師から聞かさ
れた。
 ただそれだけだった。
 
 海にはちゃんと飛び込んだ。だが、飛び込んだところにテトラポットが突き出ていた。
 大輔の頭はそのテトラポットにちょうど90度、つまり真上から垂直にぶち当たったの
だ。
 あたりまえだが衝撃はすさまじく、より具体的には頚椎の第4・第5関節が一瞬にし
て圧縮され、押しつぶされてしまった。これを「頚椎損傷」という。
 医師によると、もしもテトラポットにぶち当たる角度が少しでも斜めだったら、首の骨
がまちがいなく折れて、絶対に命はなかったらしい。
 またしても大ケガ。またしても、頭。一度ならず、二度までも…
 しかし神は、このときも大輔をあの世に連れて行かなかった。
その代わり、失った体の機能を補って余りある才能を与えるのだが、彼や彼の家族
がそれに気づくまでには、このあと5年ほどかかることになる。
 和佐大輔。運のいい悪いが微妙な男である。
四.「テキトーですよ、テキトー」
 こうして大輔は晴れて「第1級身体障害者」となった。
今まで動いていた足はもう動かない。その現実を突きつける車椅子。そして、それ
まで縁のまったくなかった「リハビリ」…
 結局はいつか「くよくよしてもしかたないから前を向いて生きよう」という気持ちになっ
ていくのだろうが、この現実を知ったすぐというのは、それまで五体満足だった人間な
ら誰でもショックで、しばらく立ち直れないのではないだろうか。
 しかし大輔は笑いながら言う。
 「そんなん、(ショックも)なんもなかったですよ~。
  あ、そう?って感じ。
だいたいボクいっつもテキトーやから(笑)。
なんでもテキトーですよ、テキトー。」
 そんなわけはないだろう? そう思ってもう1回聞いてみたが、彼の答えは変わらな
かった。
 予想外の言葉にあわてつつ、「でも、さすがに家族はショックだったのでは?」と、矛
先を変えて、大輔の世話係を務める2番目の兄に聞いてみる。
しかし、その兄までも「別に…」と言う。
 彼らには、「ショックが全くないといえばウソになるけど…」ぐらいの言葉を期待して
いた。というか、疑いなくその言葉を待っていた。なのに、「なんもなかった」「別に…」
って…それなら2人とも超人ではないか。
 いや、そんなことを2人に言わせる和佐家自体が超人家族ではないか!
 なぜ、ショックなんてないと言い切れるのか。
あっさり超人だと片付けることに抵抗したくて、ショックがないと言わしめる何らかの
原因を必死にさがしたところ、大輔の言ったこの言葉に行き着いた。
「テキトー」。
彼はこの言葉を「いい加減」という意味で言ったのかもしれない。でもなんとなく、そ
のように解釈するのが不自然な気がして、改めて辞書を引いてみた。
そこには
「ある性質・状態・要求にちょうどよく合うこと。または度合いがちょうどよい状態」
と出ていた。
 英語で言えば「adjust」「fit」ということだろうか。
 ともかく、何事においてもそのときの状態にうまく合わせていく。それを大輔は「テキ
トー」と表現したのだという仮説を立ててみた。そう、ちゃんと漢字で「適当」と書くとわ
かりやすい。
 「いっつも適当」だったので、
 “ショックを受ける前に、すでに彼は自分の体の変化に気持ちを「適当に(=ちょうど
よく)」合わせることができていた。”
 “サザエを観光客に売ったときも、その突然のオファーに対し、すぐさま「適当な(=
ちょうどよい)」値段を提示できた。だから売れた。”
こう考えればしっくりくる。
 ちなみに、ネット起業家として快進撃を続ける今もなお、大輔は自分の行動を「いっ
つも適当」と言い続けている。この不思議さえも納得できる。
つまり、「いい加減」じゃないほうの「適当」。
 それなら確かに、ショックがなかったのもうなずける。
 でも結局、子供の頃からそんな芸当ができていた大輔はやっぱり超人だと思ってし
まうのだが…
 
和佐大輔。どこまでも適当な男である。
五.「なんも考えてなかったですよー」
 車椅子生活となった大輔は、名古屋の病院でリハビリを開始する。そこには院内学
級というのがあって、勉学も同時に進められるのだ。
 とはいえ、やはり学校の勉強には興味がなかった。
マンガを読む。テレビを見る…どこにでもいる、きわめて普通の中学生だった。
変わったのは、身動きしづらくなった分、やんちゃをしなくなったことぐらいだ。
 その後、普通の学校に通えるまでになった彼は、中学3年のとき、地元・高知の中
学に復学。
 そして推薦入学で、公立高校の総合科へと進学する。
 その高校は県のバリアフリー指定校だったのだが、工事はまだ始まったばかりで完
成までに1年近くかかる予定だったのと、大輔自身、もう少し自助生活をレベルアップ
させたい気持ちがあって、入学早々ではあったが1年間の休学を申請。その間、彼は
神戸のリハビリ専門病院と、隣接する自立支援施設でそれぞれ半年ずつを過ごすこ
とになる。
「リハビリしてた頃は、ほんと、なんも考えてなかったですよ。基本的にボク、テキト
ーやし(笑)。ただ普通に毎日が過ぎていったというか…」
 リハビリをしていたという事実以外、名古屋~神戸の生活を経て高校に復学するま
での大輔は文字通り「空白の数年間」だったようだ。
 「なんも考えてなかった」時期が数年間。
 今の彼は、まるでそれを埋め合わせるようにいろんなことを「適当に」考え、多忙を
極めているので、神はその人の人生をちゃんとバランスよくするのだな、とつくづく思
ってしまう。
 和佐大輔。空白の恩恵を受けた男である。
六.ネットビジネスとの出会い
 超自然児の大輔だったが、一方で、インドアのものにもはまっていた。
「遊戯王」のカードなどは、ゲームするのはもちろんのこと、自分の部屋でながめて
いるだけでもすごく楽しくて、時間を忘れてしまうこともしょっちゅうだった。
そして、小学6年のときにはパソコンをいじり出した。
 家業の財務を担当している母親が使っていたのだ。
 最初は「ぎゃ」という文字がどう打てば出てくるのかわからずにつまずいた。しかし、
興味本位でいろいろいじっているうちに自然に覚え、いつしかヤフオクの画面ぐらい
は見れるようになっていた。
なぜヤフオクの画面を見たかったのか?それは大輔の母親がかなり進んだ人で、
当時からヤフオクでいろんなものを購入していたからだ。田舎には売ってないようなも
のが買えることに魅力を感じていたらしい。
しかし、当時の回線はISDN。
いつまでもネットに接続して夢中になっている大輔を、母親が「もうそのくらいにしと
き」と引き止めることもしばしばだった。
 その後、車椅子生活になり、「なんも考えてなかった」大輔を気遣って、母親は彼の
ためにパソコンを1台追加した。動き回れない生活だったこともあり、大輔がパソコン
に向かう時間は格段に増えた。それでも彼がパソコンで主にやっていたことは、それ
までただ見ていただけのヤフオクで、ほしいものを買うというぐらいの進歩でしかなか
った。
 そんな大輔が、ヤフオクで「あること」に気づいたのは、2005年1月のことだった。
 その前年の春、神戸でのリハビリを終えた大輔は地元・高知の高校に復学していた。
最初の1年を休学したので、その年に入った、彼から見れば1年下の新入生とともに、
高校生活を改めてスタートさせた。
 しかし、勉強が嫌いだった大輔にとって、学校はまったくおもしろくなかった。
つまらない。意味がわからない。めんどくさい。どんな授業もそんな感じだった。何
のモチベーションもなかった。
 かといって、学校をやめたところですることがない。だから今はただ、それこそ「テキ
トーに」やりすごそう。そう思っていた。
 とにかく、卒業はしよう。卒業したら、将来はパソコンがなんとなく役立ちそうだから、
パソコンの専門学校にでも行けばいいや。だから、コースが選択できる2年生になっ
たらパソコンのコースを選ぼう。
 ただそれだけのために、大輔は高校で、まったく味気ない毎日を過ごすという犠牲を
払いつづけていた。
そうしてほとんど無意味な年を越し、迎えた2005年1月のある日。
 大輔がヤフオクで気づいた「あること」とは、そこに「情報」というカテゴリーがあるこ
とだった。見てみると、そこには「これをやれば儲かる」といった内容の情報が紹介さ
れていた。
 「へー、情報なんて売れるんやー。でもこれ、ホンマに儲かんのか?」
 そう思いつつも、彼の心は確実に動いていた。
 というのも、彼はつねづね「お小遣いがほしい」と思っていたのだ。
 お年玉はもらえたが、毎月のお小遣いはなかった。
 欲しい本などは、言えば親が買ってくれるが、自分の自由にできるお金がなかった。
それがほしかった。アルバイト程度の額でいい、とにかく「自分のお金」が。
 そんなとき、目に飛び込んできた有料情報。
 「この情報を買えば、お小遣いが入る!」
大輔は思い切って、もらったばかりのお年玉でその情報を買った。
 結果はいわゆる「ゴミ情報」。だまされた。
 しかし、これがきっかけで大輔は「ネットで収入が得られる」ということに興味を持ち
はじめる。
 「これなら障害者の自分でもやれる。稼げるかもしれない。」
そう思ったとき、すでに大輔は行動しはじめていた。1月下旬のことである。
最初の手段として、彼は慣れ親しんだヤフオクで初めて「売る側」に回った。
 決済口座としてのe-bankの存在もそこで初めて知った。
 取り扱ったのは、パソコンのパーツだった。
 ネットで調べて、安く仕入れられるところを見つけた。
 それを出品してオークションにかける。
 商品の梱包は友達に頼んだ。
 そのときはすでに落札者から入金されているから、そこから友達にバイト代が出せ
た。
 1ヶ月もしないうちに、大輔はすでに20万ほどの小遣いを手にしていた。
 「ネットってこんなに簡単に稼げるんやー…」
 ラクに20万。またたく間に20万である。楽しくないわけがない。
 それに、e-bankにログインして残高が増えている画面を見るのがおもしろかった。
入金があるとケータイに通知が来る。
つまらない授業中にケータイが震えて、それが入金通知だったときが最高だった。
 こんなに楽しいことは、車椅子生活になってからは出会うことがなかった。
それからは当然のごとく、彼はますますヤフオクにのめりこんでいった。
 ところが、彼のヤフオク生活は3ヶ月ほどで終焉する。
 落札されなくなってきたのだ。
 すると大輔は、ヤフオクは潮時と早々に手を引き、その少し前に知った「アフィリエイ
ト」を本格的にはじめた。やってみたら、これもたまらなく楽しかった。
 やりたいことが見つかった以上、もともとつまらなかった学校にはもう用はなかった。
 1分1秒でも、アフィリエイトに没頭したかった。
 そんな大輔を間近に見ていた家族は、彼の高校中退をむしろ歓迎した。
 もう、彼を止めるものは何もなくなった。
 
 和佐大輔。水を得た魚を地で行く男である。
七.たった1年で一気に加速!
 「楽しくてたまらない」ということは、これほどまでに成長を加速させるものなのか。
 5月以降、大輔は情報商材や物販アフィリエイトで毎月最低でも30万以上を稼ぐよ
うになった。
 さらに7月には、自身の独自のアフィリエイト手法をまとめたe-book「トップを狙え」を
発表し、月収は70万を突破。翌月には、とうとう月収が100万をこえた。
 そして12月。
 大輔は自身がアフィリエイト媒体として使っていた「ブログ」をテーマに、ゼロからブ
ログを立ち上げ、アフィリエイトができるまでをかみくだいて説明した「ブログ解体新書」
を発表する。
 原稿作成に要した期間はのべ1ヶ月。それまで長い文章を書くことなど絶対にやら
なかった大輔が、やっていて楽しいという理由だけで、夢中になって書き切ってしまっ
た。まったくの初心者向けなので、事細かに説明しなければならない。だから書くこと
が増えるし、きわめて丁寧な解説が要求される。それでも、彼は書くことに没頭できた。
その結果がA4判で300ページ以上もある渾身の作。出来上がったとき、こんなに書
いたんだと自分でもびっくりした。
 そんな自信作を、彼は自分が考えついた独自の販売戦略で売りまくり、発売1ヶ月
で月商1,231万円という驚異的な数字をたたき出してしまう。その後も2ヶ月で2,0
00万超え、3ヶ月で3,000万超えを達成。月平均1000万以上を売り上げる非常識
な18歳になってしまったのである。
 お気づきだろうか。
ヤフオクをはじめてから月商1,000万超えまで、たったの1年しか経っていないの
だ。
 和佐大輔。大ブレイクにも程がある男である。
 18歳。高校中退。元ニート。車椅子生活にしてスーパーネット起業家。
 そんな彼を、他の起業家が放っておくわけがない。
 2006年3月。
「超ド田舎」とは対極の町、東京・渋谷で、大輔は初のセミナー講師を務めた。
自分の車椅子姿を一般の目にさらすことになったのだ。
「こんな人間でもやれる。頑張れば稼げる」ことを身をもって示し、この1年の軌跡を
語る姿は集まった参加者の心を確実に動かした。
 それまで、自分の車椅子生活を公表するなんて思ってもいなかった。まして、人前で
話すことなどまったく頭になかった。
 しかし、圧倒的な結果を出してしまったことで状況は一変。期せずして、人と会う機
会がどんどん増えていった。
 正直、自分の身体の状態をさらけだすのは葛藤があった。
でも、近々会うことがわかっている人に、自分の姿を言わないのは不誠実な気がし
た。
 だったら、もう言ってしまおう。
 そう思って、彼は前もって、自身のメルマガで車椅子姿であることを伝えた。
 反響はすごかった。そのどれもが応援・励ましの声。思い切って告白してよかったと
思った。
八.リアルとネットの違い
 そして4月。
大輔は驚くべき売上をたたき出した販売戦略を軸に、今度はネット起業家の育成に
乗り出した。
名づけて「情報起業家育成スパルタ強化合宿」。「スパ強」の俗称で親しまれ、4ヶ
月以内に月収50万円以上稼げなければ受講料は全額返金という、それまで誰もや
っていなかった完全成果保証型の育成プログラムだ。
なぜ、月収1,000万以上稼ぐ男が月収50万を稼がせるためにここまで熱くなった
のか。それはビジネスの本質をつかんでいたからに他ならない。その50万までの道
のりなくして月収1,000万などありえないことを身をもって知っていたのだ。
ある日突然ドカンと稼げたわけじゃない。
大きな結果ばかり夢見ていないで、その結果を出すために目の前の一歩から地道
に歩んでほしい。その思いを大輔は「スパ強」に込めていたのだ。
当時流行していた塾は、いきなり大きな金額が稼げるようにうたわれていたものが
ほとんどで、しかも、そのとおりにならなければ返金するといったものもなかった。「ス
パ強」は、その状況に対する大輔の反骨心の表われだった。(ちなみに「スパ強」には、
その直前に知り合った木坂健宣をスーパーバイザー「Mr.K」として迎え入れていた。)
このようなことからも明らかなように、大輔は単に運が良くて稼げた男でない。
 そもそも大輔には、ネットで稼ぐということにおいての確固たる持論がある。
 
「ネットだからといって、何も変わったことをやる必要はない」。
 要するに、リアル(ビジネス)で普通にやっていることをネットでやればいいだけ。
 それだけで「必然的に」売れる。そんな、非常にシンプルな発想に基づいて展開され
ているのだ。
それは、大輔の実家が釣り道具製造というリアルビジネスをやっていて、それを見
て育った影響が大きい。
 リアルは大変だ。でも、それをネットでやれば、ラクにできる。楽しくできる。
 だから大輔は、ネットに幻想を抱いてはいない。普通のビジネスを効率化するツー
ルとしてしか見ていないのだ。
 それは今でも同じである。
 互いにウマが合った木坂健宣とは「スパ強」が終了してからも「ICC」(2007年2月
~2008年4月)、そして「ネットビジネス大百科」(2007年5月~)、「History」(200
7年12月)、「ネットビジネスアーカイブ(NBA)」(2008年4月~)とプロジェクトを進
めていったが、リアルでやることをネットでやるだけという考え方には全くブレがない。
そのことは、右記のプロジェクトの中身を少しでも知っている人ならわかるはずだ。
  
九.神が与えたもの
 2005年以降、家族を驚愕させ、あわてて法人を作ったほどにネットビジネスを加速
させた和佐大輔。彼の才能を語るとき、やはりあの13歳の夏の出来事を振り返らず
にはいられない。
 大輔は言う。
 「テトラポットに頭ぶつけた瞬間、自分でもようわからんけど、きっとsix senseが目
覚めたんとちがうかなあ?」
 頭蓋骨に穴を開けると脳ミソの圧が変わり、人間がもともと備わっている能力が目
覚めるらしい。また、宇宙に行くと脳ミソが開放されて、いままで使われてなかった潜
在能力が目覚めるそうで、その能力を彼はsix sense、つまり「第六感」と表現した。
 
なるほど。
 あの瞬間、テトラポットは神だったのだ。
神の使命で、彼のsix senseを、そこで目覚めさせたのだ。
 そう、両足の自由と引き換えに…
そして、大輔はこれからも、自身に課した目標と使命に向けて、試行錯誤しながら
挑戦を続けていく。もちろん「テキトーに」。
 
~エピローグ~
 その20歳のネット起業家は、13歳の夏に起こったあの出来事の現場にたたずんで
いた。
 それまでテトラポットに何の感情も持ったことはなかったが、これに頭をぶつけなか
ったら今の自分はなかった…そう思うと妙に親近感がわいて、会いたくなったのだ。
「少し分け前をやろう。」
彼はしのばせてきた「あるもの」を取り出して、世話係である2番目の兄に頼んでそ
れをテトラポットの上に置いてもらった。
 
それは「札束」だった。
スポンサーサイト

テーマ : 情報商材レビュー
ジャンル : アフィリエイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィ-ル
ご訪問ありがとうございます

「はぁすちゃん」

Author:「はぁすちゃん」
FC2ブログへようこそ!
ニックネ-ム:はぁすちゃん
性別:男性
誕生日:うそついてもいい日
血液型:A型
出身地:山口県
ブログジャンル:お小遣い/アフィリエイト

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
7995位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
初心者マニュアル
567位
アクセスランキングを見る>>
広告
提携先
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。